自分の夢に向かって確実に歩み続けるための方法とは

通信制高校に通う

学費から分かる通信制高校の特徴は?

通信制高校の学費は、公立か私立かによって、かなり違ってきます。 公立では授業料無償化に伴って、お金はほとんどかかりません。入学金や制服代などを合わせても、四、五万円程度で入学できる通信制高校も多くなってきています。勉強をコツコツ続ける自信がある人は、こちらを選ぶとお得です。 私立は学校によって差が激しく、相場も高めになっています。安くても十万は超え、サポート体制が整っているような通信制高校では一年で百万程度かかることもあります。決して安くはありませんが、その分勉強や進路関係のサポートが万全になっています。対人関係に不安がある場合や自立を考えている場合は、私立の通信制高校へ入学する方がいいかもしれません。 現在では奨学金や学費の賃貸制度なども用意されているため、それらの利用も検討しておきましょう。

通信制高校の今

通信制高校とは、文字通り、通信による高等教育を行うところだと言えます。通信制高校では卒業に74単位必要で、すでに働いている人、高校中退者など一人一人に合ったペースで、学習が進められるところが大きな特徴です。 公立の通信制高校の学費は、都道府県によって多少の違いはあるかもしれないですが、入学金が500円、授業料は1年で1〜3万円といったところです。また、私立の通信制高校では、安いところで入学金は2万円、授業料は1年で20万円〜となっています。通信制高校の学習スタイルは、授業についてのレポート提出、スクーリング(登校日)、テストを受験して合格したら単位認定となります。 公立、私立でも校風が違っていますので、自分の興味関心や卒業後の進路などとも考えて、最適な通信制高校を選ぶことが必要になるでしょう。